unlink: dat/1485764293c171f7661a53cd46bbda3ca5014885c359208b9bbf956_gareki_amateur.txt
unlink: dat/1489340316c171f7661a53cd46bbda3ca5014885c359208b9bbfb3c_gareki_amateur.txt
unlink: dat/1491122914c171f7661a53cd46bbda3ca5014885c359208b9bbfca8_gareki_amateur.txt
unlink: dat/1493672996c171f7661a53cd46bbda3ca5014885c359208b9bbfdf9_gareki_amateur.txt
unlink: dat/1494673382c171f7661a53cd46bbda3ca5014885c359208b9bbff4f_gareki_amateur.txt
【ガレージキットmypotal】設営観察レポートWF2008冬

Wonder Festival 2008 Winter 設営観察レポート

WF2007冬の展示レポートはこちら

すーなのーあーらーしにー♪
この手のイベントに雪は降らないと昔から言われているがまさか風とは。
強風により飛行機新幹線主要JRが遅れるわ止まるわで大変な中のWFとなりました。

さて今回も設営について見て回ることにしたわけですが、まず会場に入って気になったのはコレ。

風船・・・?
確か会場での浮きものは禁止だった気がした(うろ覚え)ので珍しいなと。

近くで見てみるとグレン団のマークが。
なるほど。グレンラガンのフィギュアがあるところに風船配ったわけですな。
なかなかいいアイデアじゃないですかガイナさん。
こういう版元サイドからの働きかけがあるってのはいいですねぇ。

では本題。展示レポートいってみましょう。

【展示台編】

こちらふぉるてやさん。
結構小さいフィギュアですが、台に直置きせずに透明の台に乗せてちょっと底上げ。
こうすることで、近くで見やすくなるわけです。

図解にするとこう。

近寄りやすい分、横の間隔をあけなければならないため、少数の展示向けっぽい感じがします。

こちらのkipさんの展示も単品展示です。
ネイビー迷彩で全部覆ってるので海のイメージなんでしょうね。




プリモフさんと、かぐや姫さん、BRIDGEHEADさん。
オーソドックスなひな壇型の展示ですが非常にいい。
どこがいいかと言えば一つは高さ。展示物にあった高さにしてあるのがわかります。
もう一つは台が机の奥にあるという点です。
奥にあると寄って見やすくていい。
机の端に台があると下がればいいのかしゃがめばいいのか迷いますw

BRIDGEHEADさんはパーツの展示をしていたのもよかったです。

【ライティング編】

今回はライティングを自らセッティングしてよく見せようという試みをしているところが目立ちました。


スタンドを使った3D Belle collectionさん。

(追記3/3)
こちらは『スタンド付完成品』だそうです。(3D Belle collection きいち様ありがとうございます)ライティング効果もあり、実用性もありで一石二鳥ですね。
個人的には実用性のあるフィギュアは大好きです。
ペン立てになるようなフィギュアとかもいいですよねー


MMDさんの水着フィギュア。
背景に海で雰囲気をつくり、

下からライトを当ててレフ板的な効果(水の照り返しかも)を出しています。


亜野MEGA郎さんは上から蛍光灯で強めの光を当てています。


ライトだけではなく雰囲気作りも素晴らしいBaby Sueさん。
前回もとりあげたような気もしますがよくできてるのはしょうがない。
オレンジ色の照明の方が肌色が映えたりするんですかね。
あまり詳しくないですがよく見える気がします。
下にあるペンダントランプはちょっと強烈すぎましたが。

こういうのもオシャレです。


圧巻だったのがmoduleさん。これはもはやスタジオです。
上から強烈に当てつつ全部白にすることで反射効果もあるんでしょう。
ガラスも何もないから寄って見れるのもポイント高いです。
やはり見え方もよかったです。

【雰囲気系】

プラスアルファでフィギュアの魅力をアップさせる工夫の数々。
いろいろありました。


Fe部.さんの強烈なオレンジ。
視界に入るとちょっと気になるほどのオレンジで色使いのセンスに脱帽です。


だぶる・けーおーさんの初音ミクピンキー。
初音ミクなのでコンピューターの山のヴィネットと一緒に展示。
背景はライブ風景になってます。
他の展示も良かったのですが、もうちょっと高さがあれば・・・


clipsさんの展示。
バリっと締まった色使いでセンスを感じさせます。


植物少女園さん。
「囚われの○○」的なフィギュアと籠が良く合ってます。
フィギュアを活かす見せ方はほんとうまいです。
ブツ的にはプランターですかねコレ。セットで1作品な感じです。


『耳式』さんの圧倒的ヴィネット。

アイルーキッチンと

どこぞのマップのアイルーの巣ですかね。
見てるだけで楽しいブースでした。ものすごくいじりたかったですw

【にぎやか系】

今回ちょっと面白いタイプの展示を見つけたのでご紹介。
とにかくブースがにぎやかで興味を引かれます。


まずはeyewaterさん。
とにかく何か絵がいろいろあって何が書いてあるのか気になります。
フィギュア自体は真ん中に1個あるだけなのですが何かがある気がしてきます。
あまりメジャーでない(失礼)ものは世界観をしっかり伝えるのが大事ですね。


続きましてNIGHT-BLUEさん。
イラストを並べた中にフィギュアを展示。コンテンツ量が多いためついつい見入ってしまいます。
フィギュア以外にもいろいろ見るものを並べておくというのは結構効果的なのかもしれません。

【写真展示系】

フィギュアの写真を展示することでイメージを伝えやすくするタイプです。


タチウオさん。
非常に小さいフィギュアなので顔の造型がよくわかるようにアップの写真を貼ってあります。
この手の展示はイメージを伝えやすいですが写真のデキも結構大事になってきます。


ああぁGET REAL EBOさん。
展示フィギュアの写真をたくさん貼ると、写真とフィギュアを見比べたりするので滞在時間が延びます。
人垣ができてしまうようなディーラーさんの場合、高い位置に写真を貼らないと何が置いてあるかわからなくなるというのもあるようです。

今回の展示レポートはこんな感じです。
ほぼ全部のディーラーを見ましたが、「もったいないなぁ」というディーラーさんも結構ありました。
本番前に一度展示の予行をしてお客になって見てみるといいのかもしれません。

【プチガミーセレクト】

最後はプチガミーセレクトで締めたいと思います。
さわたりさんではなく管理人が会場を回ってていいなぁと思ったフィギュアのご紹介です。


上にもあったBRIDGEHEADさんのシオン・エルトナム・アトラシア from MELTY BLOODです。


こちらはZ・Project+さんの ぱすてるインク from もえたん
ちなみにZ・Project+さんの展示も見やすくてよかったです。


Go to GARAGE!!さんの「うさ」。
前回は確かサフ状態で出てた気がします。
Go to GARAGE!!さんの展示も見やすい高さでよかったです。


1045さんのところにあった ぷににゃにゃー(ぷにゃにゃにゃー?) from ふたば☆ちゃんねる
何か訴えかけるものを感じたのでついつい撮ってしまいました。

ああ、いいカメラ欲しい・・・

【番外:気になるフィギュア】


D03-09の工房きなせやさんのところに置いてあったフィギュア。
工房きなせやさんは完成品屋さん。
元は雨の日晴れの日さんとこのa girl from 村田蓮爾画集「refuturhythm」です。 2004年のフィギュアなんですねぇ。(情報ありがとでした)

メモ

ワンフェスお疲れ様でした。

登録サイト一覧

リコメンド


疲労快少インソール 24.5-27.0cm

足が痛くなるまでの時間が3時間ぐらい長くなります。あと休憩した後の足の『持ち』もよくなりますよ(あくまで体感ですが)


ロゴス(LOGOS) 小さくたためるステッキチェア

どこでも休めるステッキチェア。約1kgと軽く、コスパ的にも機能的にもこれがベストだと思ってます。 袋のベルトがもうちょい長ければパーフェクトなのですが・・・

アナウンス